ODMの請負会社に委託する~コンサルティングのプロ~

メンズ

別の会社に任せる

男女

OEMというのは1950年代にコンピューター業界において生まれた単語なのですが、同様の行為はそれ以前から行われています。最近では小ロットから請け負っている会社もあるので化粧品の製造を依頼すると良いでしょう。

詳しく読む

サポートしてくれる

会議

化粧品は女性にとって欠かせないアイテムとなっており、そのため需要が高いと考えられます。OEM製造をすることで低コストで済ませることが出来る他、リスクも軽減することが出来るため利用する人は今後も増えていくと予測されます。

詳しく読む

外部に委託して作る

メイクアップする女性

アイデア次第で大きなチャンス

ODMやOEMの請負数が数十個程度から化粧品を製造してくれる会社が登場しています。ODMやOEMの製造請負の会社では、化粧品を作る工程に必要な設備を持っています。そのため、化粧品を本格的に製造することが個人でも可能となったのです。こだわりの原材料を使用し、理想のオリジナルが生まれる瞬間を見ることができます。容器や化粧箱、成分表示や品名ラベルの作成も行ってくれます。但し、個人で販促を計画している場合、出来上がった化粧品を自ら販売するためには許可証が必要となります。また、成分によっては薬品に該当する部分などがあった場合は更に別の手続きが必要となってきます。せっかく考案した物を何とか世に出したいという場合は、試作段階で製造を行ってもらった会社の意見を聞くことも大事です。商品的に魅力のある物なら、販売先が見つかる可能性もあるのです。

人のために製造され使われる化粧品は

近年、日本の美容に長い歴史を持つ大手メーカーに加えて、製薬、飲料を根幹として製造販売を行っていた企業も化粧品の販売に力を入れるようになりました。誰もが安心して使用できる化粧品となり、市場で販売されるまでには各企業共に成分の研究から開発に加え、幾度もの品質試験などを行っています。そのように、化粧品が使用する人の手に届くまでは多くの工程を経なければなりません。販売目的ではなく、法律に違反していない原材料を用いて家庭で作る手作り化粧品などであれば、薬事に関する申請を行わずとも問題はありませんが、販売を行うとなると様々な要綱をクリアしなければなりません。委託製造行っている会社で小口の化粧品製造なども引き受けてくれる会社では、品質保証や薬事申請なども代行している会社もありますので製造を決めた時には相談してみると良いでしょう。

コストを削減する

ファンデーション

化粧品を自社で製造するとなった場合、専用の機械などが必要となってくるので購入費用がかかってしまいます。また、機械を設置し、作業するスペースなども確保しなければならないのですがOEMであれば外注となるのでコストを下げることが出来るでしょう。

詳しく読む